ビジネス

eコマース テクノロジー

医薬品をインターネットで販売する条件

インターネットで医薬品販売を行うには、以下の条件を満たしている必要があります。 実店舗が必要 インターネットで医薬品を販売する場合でも、薬局や店舗販売業の許可を受けている実店舗が必要になります。実店舗は、法律で定められた基準をクリアしなけらばなりません。 さらに、薬剤師などに対面や電話で相談できる・1週間のうち30時間以上開店するなどの条件を満たしていないと、薬剤師や登録販売者がいたとしても医薬品の販売ができません。 対面や電話で相談できる体制が必要

read more

read next

banana, healthy cookie, supplement, powder, etc

医薬品をインターネットで販売する条件

インターネットで医薬品販売を行うには、以下の条件を満たしている必要があります。 実店舗が必要 インターネットで医薬品を販売する場合でも、薬局や店舗販売業の許可を受けている実店舗が必要になります。実店舗は、法律で定められた基準をクリアしなけらばなりません。 さらに、薬剤師などに対面や電話で相談できる・1週間のうち30時間以上開店するなどの条件を満たしていないと、薬剤師や登録販売者がいたとしても医薬品の販売ができません。 対面や電話で相談できる体制が必要 お客さまからメールや電話で問い合わせや相談がある際に、すぐ対応できるよう、薬剤師や登録販売者が実店舗に常にいなければなりません。そのために、店舗の電話番号・メールアドレスや薬剤師・登録販売者の氏名など、勤務シフトも記載が求められます。また、営業時間外にも対応可能にする為に緊急連絡先を記載しとく必要があります。 販売できる医薬品は一般用医薬品 インターネットで販売できる医薬品は、医師の処方箋が必要ない一般用医薬品のみです。一般用医薬品は、副作用等のリスクの違いによって3つに分類されています。 育毛剤・栄養ドリンクやサプリメントなどの食品は、一般用医薬品には含まれません。 販売する医薬品は実店舗でも貯蔵・販売が必要 医薬品は、ネットショップだけで貯蔵・販売をするだけでなく、実店舗でも同じものが貯蔵・販売されている必要があります。表示するにはここをクリックしてください、ベストケンコー|公式薬通販サイト。

2 cats and 2 dogs with a white background

ストロングハートプラスのお薬としての立ち位置

ストロングハートプラスは、数あるフィラリア予防薬の中でも非常に有名な商品です。今回の記事では、そもそもフィラリア予防薬とは何であるのか、そして、このストロングハートプラスはどのような立ち位置のお薬なのかをご紹介します。 まずはフィラリア予防薬についての基本からです。フィラリア予防薬とは、フィラリア(より正確には犬糸状虫)を犬の体の中から駆虫することを意味します。予防というと、体に侵入する前からバリアを張るような響きですが、そうではありません。犬糸状虫が幼虫(ミクロフィラリア)である状態に駆虫するのがフィラリア予防薬です。 そして、フィラリア予防薬には様々なものがありますが、その中の1つがストロングハートプラスです。これは、カルドメックという別の予防薬のジェネリックです。ジェネリックとは、あるお薬に関する特許が切れた後に他の会社が製造できる、同じ有効成分を持つお薬です。開発費用(普通は非常に膨大な額になります)がカットできる分だけ安くなるのが特徴です。ストロングハートプラスには、小型犬用、中型犬用、大型犬用といった種類のバリエーションがあります。